tomo.mobi

Representation design of material


ネイティブ アンドロイドアプリのフォントサイズの設定

デバイス文字を使う時の文字のフォントサイズの設定は、数値を決め打ちするよりもデザインした横幅を基準に設定すると便利でした。
他素材も、割合で設置したり素材を調節すると同じ素材を使い回しても問題なく、調節しやすかったです。

例えば、横480pxでデザインした場合は。。。。

WindowManager wm = (WindowManager)getSystemService(WINDOW_SERVICE);
Display disp = wm.getDefaultDisplay();

/*
*    横向きの画面にある事もあるのならば、ぶれないように小さい値をとる。
*     割合をだす。
*/
float block_size = Math.min(disp.getWidth(),disp.getHeight()) /480;

//デザイン上14pxだった場合。
paint.setTextSize (14 * block_size);
//デザイン上24pxだった場合。
paint.setTextSize (24 * block_size);

Published by tomoka , on 3月 16th, 2014 at 9:08 pm. Filled under: AndroidNo Comments
この記事を読む

コンソールのメモ

alert();で変数を渡した方が確実のとき、
変わりにconsole();を使う。

Published by tomoka , on 12月 26th, 2013 at 6:36 pm. Filled under: javascriptNo Comments
この記事を読む

phpでRSSリーダー

久しぶりにphpに触りました。
RSSのアメブロのフィードを読み込みました。
なので、次の時も開発しやすいようにメモです。

使った関数は以下の通り。
simplexml_load_file();
文字コードが違う場合もあるので。。。

mb_language(“Japanese”);
mb_internal_encoding(“EUC-JP”);
//改行削除
$addrssTXT = ereg_replace(“\r|\n”,””,$rssTXT);
//表示文字コード変換。 UTF-8 からの EUC-JP
$addrssTXT = mb_convert_encoding( $addrssTXT, “EUC-JP”,”UTF-8″);

あとは、いつも通り解析して、書き出しですが、($Feed->item as $entry $entry->titleや$entry->linkなどなど)
そのとき、javascriptとして書き出してjQuery等を使って(使わなくてもいいけど、便利なのは使う)htmlへ挿入するのが便利です。contextの設定ヘッダの書き出しも忘れずにー。

ちなみに、アメブロのxmlのパスは、読み込みように表示されるパスはID以下スラッシュが無いパスが良いです。
http://feedblog.ameba.jp/rss/ameblo/Blog-ID
※”Blog-ID”はブログのID

Published by tomoka , on 12月 11th, 2013 at 12:54 am. Filled under: javascript,いまさらNo Comments
この記事を読む

navigator.userAgent.match()

“gi”は→大文字と小文字の違いを無視する (ignore case) フラグ
以下が使用例です。

navigator.userAgent.match()とあわせて使ってみた!

if (navigator.userAgent.match(/(ipad|iphone|android|mobile)/gi)) {
cssChange(‘css/style-mobile.css’);
} else {
cssChange(‘css/style-pc.css’);
};

これで、”android”も”Android”も”ANDROID”もOK!

Published by tomoka , on 11月 18th, 2013 at 2:21 am. Filled under: javascript,smartphoneNo Comments
この記事を読む

拡大伸縮 CSS Zoom

拡大縮小。
Math.max();
Math.min();
を使うと回転した時に大きくなったり小さくなったりしません。。。。

ブラウザ幅が変わると、縮尺も変わる。
横幅 685pxで決めうち設定しております。。。。。

$(window).on(“orientationchange resize”, function() {
if (Math.abs(window.orientation) === 90) {
var w = $(window).width();
var x = w – 20;
var zoom_num = x / 685;
$(‘body’).css({
zoom: ” + zoom_num + ”
});
}
else {
var w = $(window).width();
var x = w – 20;
var zoom_num = x / 685;
$(‘body’).css({
zoom: ” + zoom_num + ”
});
}
});

Published by tomoka , on 11月 18th, 2013 at 1:32 am. Filled under: CSS3,javascript,jQuery,smartphoneNo Comments
この記事を読む

衝突後の座標の更新メモ

衝突判定したら重なり分の半分をそれぞれの座標の数値に反映する。重なりに関しては、座標の差をだして、画像の大きさよりも小さくなった場合としてます。上下左右からぶつかるのですが、衝突した時の処理は[0]は引いて[1]は足しています。

float sakuraHeight_y = sakura[0].height_y – sakura[1].height_y;
float sakuraWide_x = sakura[0].wide_x – sakura[1].wide_x;

sakuraWide_x = Math.abs(sakuraWide_x);
sakuraHeight_y = Math.abs(sakuraHeight_y);

//桜の画角が30*30の場合
//重なっているときのみ座標の更新
if(sakuraHeight_y < 30 && sakuraWide_x < 30){
sakura[0].height_y = sakura[0].height_y – sakuraHeight_y/2 – 1;
sakura[0].wide_x = sakura[0].wide_x – sakuraWide_x/2 – 1;

sakura[1].height_y = sakura[1].height_y + sakuraHeight_y/2 + 1;
sakura[1].wide_x = sakura[1].wide_x + sakuraWide_x/2 + 1;
}else{
for(int iii = 0;iii<sakura.length;iii++){
//SakuraGravityクラスの複製:座標更新
sakura[iii].run(canvas,snow, newWidth,newHeight,sensorX,sensorY,sensorZ);
}
}

Published by tomoka , on 8月 8th, 2013 at 2:26 pm. Filled under: AndroidNo Comments
この記事を読む

座標移動のリセットのコツ

画面よりも外に出たら、最小の幅や高さよりも大きい座標へ移動

if (wide_x > newWidth ) {
defaultSpeedY = 1;
defaultSpeedX = 1;
wide_x = -10;
}
if (height_y > newHeight ) {
defaultSpeedY = 0;
defaultSpeedX = 0;
height_y = -10;
}
if (wide_x < -11 ) { defaultSpeedY = 0; defaultSpeedX = 0; wide_x = newWidth; } if (height_y < -11 ) { defaultSpeedY = 1; defaultSpeedX = 1; height_y = newHeight; }

Published by tomoka , on 7月 5th, 2013 at 8:56 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

facebookのコメント投稿メモ

facebookのコメント投稿を作成しました。
同じ記事にしか投稿できないように、今は作ってしまったので、
サンプルは載せられないのですが、きちんと出来上がったら今後の為にも記述。

・FBの元々備わっているメゾットからのオース認証
・グラフapiへの投稿パス
・投稿する記事のid

です。
オース認証やPOST等、はそもそもfacebook側に用意されていました。

FB.login();←ログイン
 ※ちなみに、この時点で、投稿する場合は{scope:’publish_stream’}というパラメータを作成する必要があります。
FB.api();←投稿先をセットするメゾット

//connect.facebook.net/en_US/all.jsを読み込めば、
そのまま、FB.login();やFB.api();は読み込めます。

Published by tomoka , on 7月 4th, 2013 at 8:54 pm. Filled under: api,facebook,javascript,jQueryNo Comments
この記事を読む

Twitterのapi

とうとう、古いapiが削除されてしまいました。。。。。
こうなる前に、改修しなくてはならなかったのですが、ここまで来てしまい今になって改修。

で、今回改修でとても便利なプラグインととても解りやすく、
親切な記事を見つけましたので、今後の事をふまえ、メモを残します。

twitter api1.1対応に関して(アプリ登録〜実装まで)
http://www.webopixel.net/php/666.html
※本当に親切に書いてあって、本当に助かりました!すばらしい @_@

記事に書いてあったオース認証のソース(GitHub)
https://github.com/abraham/twitteroauth

そして、改修したサイト。。。。。
http://tirol-bag.shop-pro.jp/
ほんとうに、すみません。いつも、お世話になっています。

そうそう、今回は久しぶりにphpを使ったのですが、自動リンクの記述を調べたので、今後の為にメモ。。。。

$str = "テキストテキストhttp://www.sample.com/sample";
$str = preg_replace("|http://\w+(?:-\w+)*(?:\.\w+(?:-\w+)*)+(?::\d+)?(?:/[\w\-~/%&=+#\.\?;]*)?|", '$0', $str);

結果
テキストテキストhttp://www.sample.com/sample

Published by tomoka , on 6月 30th, 2013 at 2:14 am. Filled under: app,twitter,いまさら,調べものNo Comments
この記事を読む

ライブ壁紙第一弾

アンドロイドアプリ制作をはじめて気がついたらもう一年。。。。
プログラムの知識が無い自分がとりあえず、動く物を作り事ができたので報告です。

つくったもの
ライブ壁紙

アプリのないよう
1)背景がカラフルに変わる。
2)上から星が降ってくる。
3)タップした位置に星が表示

アプリのスクキャプ
タイミング悪くきれいな色をキャプチャできなかったけれども。。。。
RGBの数値を0~255の間を行き来しているだけです。星の落下に関しては、一応落下速度をつけているので、何度かループをしているうちにばらつきがでてきます。

すくきゃぷ_0000_ベクトルスマートオブジェクトすくきゃぷ_0001_ベクトルスマートオブジェクトすくきゃぷ_0002_ベクトルスマートオブジェクトすくきゃぷ_0003_ベクトルスマートオブジェクト

今回はプログラムだけでなく、いろいろ勉強しました。
アフィン変換、ラジアン、自由落下、三角関数。。。。

実はここまで作れたのは、自分だけの力ではありません。
助けて下さったみなさまに心より感謝しております。

Published by tomoka , on 6月 9th, 2013 at 11:36 pm. Filled under: Android,appNo Comments
この記事を読む

拡大して広がる星の座標

class Star{
int x;
int y;
}

star[i].x = (int) ((starX) + (Math.cos(degree[i])*(radius+itemTouch.getWidth()*ScaleSize*2)));
star[i].y = (int) ((starY) + (Math.sin(degree[i])*(radius+itemTouch.getHeight()*ScaleSize*2)));

sin cos にかける半径に画像の拡大した数値の半分をたして、拡大後の座標の調節。

Published by tomoka , on 6月 9th, 2013 at 11:23 pm. Filled under: Android,app,smartphone,調べものNo Comments
この記事を読む

スムーズスクロールのメモ

android2.3.4ではスムーズにスクロールできない場合、$()を追加したらうまく動いた!

追記した場所

// リンク先の画面上の位置を取得して、そこまでスクロール
$(‘html, body’).animate({scrollTop: $(target).offset().top});

Published by tomoka , on 3月 30th, 2013 at 8:34 pm. Filled under: Android,javascript,jQuery,smartphoneNo Comments
この記事を読む