tomo.mobi

Representation design of material


ios 位置情報取得

一情報取得プログラミングガイド

https://developer.apple.com/jp/devcenter/ios/library/documentation/LocationAwarenessPG.pdf

Published by tomoka , on 7月 5th, 2012 at 8:01 pm. Filled under: html5,iOS5No Comments
この記事を読む

loadClip() actionscript2.0

タイムラグがあるから、リサイズはload完了後

//サムネイル読み込み→リサイズまで
//MovieClipLoaderクラスを生成
var mcLoader:MovieClipLoader = new MovieClipLoader();
//リスナーオブジェクトを作成
var listenerObject:Object = new Object();
//「onLoadInit」という名前の関数を作成し,初期化処理を記述
listenerObject.onLoadInit = function() {
_root.start_mc.thumnail_mc.bike_photo._width =140;
_root.start_mc.thumnail_mc.bike_photo._height= 140;
};
//リスナーオブジェクトを登録
mcLoader.addListener(listenerObject);
//画像を読み込む
mcLoader.loadClip(“img/puzzle.jpg?t=”+new Date().getTime(),_root.start_mc.thumnail_mc.bike_photo);

Published by tomoka , on 6月 21st, 2012 at 10:41 pm. Filled under: いまさらNo Comments
この記事を読む

ジャイロセンサー値取得

この記事も、勉強になります。恐縮ながら、リンクはらせて頂きました。

iPhone(iOS4.2)の加速度センサーとジャイロセンサーの値をJavascriptで取得する

センサー値の取得はJavascriptのイベントにて行います。
まずiPhoneの傾きが変化するとdevicemotionというイベントが発生するので
window.addEventListenerで感知し、
関数に渡されるイベントオブジェクトのプロパティよりそれぞれの値を取得します。
別でdeviceorientationというイベントがありますが、
こちらでも回転の加速度のみ取得が可能です。

・傾きの加速度は、accelerationオブジェクト。
(xが左~右、yが手前~奥、zが上~下)
・傾きの重力加速度は、accelerationIncludingGravityオブジェクト。
(角度ではなく、重力加速度(9.80665)を基準にした値)
・回転の加速度はrotationRateオブジェクト。
(alphaがz軸, betaがx軸, gammaプロパティがy軸)

※iPhone4は3軸加速度センサー+3軸ジャイロセンサーとの組み合わせで、
前後左右上下の6軸の加速度、角速度、回転速度などの動きを詳細に検出可能ですが
iPhone3GSは3軸重力加速度センサーのみとなりますので取得できるのは
accelerationIncludingGravity.x
accelerationIncludingGravity.y
accelerationIncludingGravity.z
のみとなります。

var x = $('#x');
var x = $('#x');
var y = $('#y');
var z = $('#z');
var xg = $('#xg');
var yg = $('#yg');
var zg = $('#zg');
var a = $('#a');
var b = $('#b');
var g = $('#g');
window.addEventListener('devicemotion', function(evt) {
// iPhone4はすべて取得できます。
// iPhone3GSの場合はacceleration、rotationRateはコメントアウトしてください。
var ac = evt.acceleration;
x.text(ac.x); //x方向の傾き加速度
y.text(ac.y); //y方向の傾き加速度
z.text(ac.z); //z方向の傾き加速度

var acg = evt.accelerationIncludingGravity;
xg.text(acg.x); //x方向の傾き重力加速度
yg.text(acg.y); //y方向の傾き重力加速度
zg.text(acg.z); //z方向の傾き重力加速度

var rr = evt.rotationRate;
a.text(rr.alpha); //z軸の回転加速度
b.text(rr.beta); //x軸の回転加速度
g.text(rr.gamma); //y軸の回転加速度
});

/*
window.addEventListener('deviceorientation', function(event) {
a.text(event.alpha); //z軸の回転加速度
b.text(event.beta); //x軸の回転加速度
g.text(event.gamma); //y軸の回転加速度
});
*/
Published by tomoka , on 6月 9th, 2012 at 10:12 pm. Filled under: smartphoneNo Comments
この記事を読む

webkitCompassHeading

すばらしい記事を見つけました。感動。
恐縮ながらリンクさせ頂きました。

http://d.hatena.ne.jp/kazuph1986/20120429/1335693938
// 以下みたいな感じにしてやるとセカイカメラとかStarWalkみたいなアプリみたいな感じで使えます。
// iPhoneの画面を横向きにしてかつホームボタンが右側にある状態を想定
var screen_azimuth;
var screen_elevation;
window.ondeviceorientation = function(event) {
// 電子コンパスの情報を取得(0が北、90が東…)
var w = event.webkitCompassHeading – 270;
w = w < 0 ? 360 + w : w ;
// alphaは毎回0にリセットされるので値が0=北とは限らないので今回はおやすみ
//var a = 360 – (event.alpha);
var b =(event.beta);
// 真下を見たらg = -90°、真上を見たらg = 90°になるように変更
var g = (-(event.gamma) – 90 );
g = (g < -180) ? (g >= -270 ? g + 360 : g ) : g ;
g = (g > 90) ? 90 : ( g < -90 ? -90 : g );
// グローバルな変数に代入して他の関数で使ったりすればいいと思います
screen_azimuth = w ;
screen_elevation = g;
}
https://developer.apple.com/library/safari/#documentation/SafariDOMAdditions/Reference/DeviceOrientationEv

Published by tomoka , on 6月 9th, 2012 at 10:01 pm. Filled under: iOS5No Comments
この記事を読む

拡大縮小

var pageSize = 4; // 4倍から
var timerID;
document.body.style[“-webkit-transform”]=”scale(“+pageSize+”,”+pageSize+”)”;
window.onload = function(){
timerID = setInterval(“pageScale()”, 25);
}
function pageScale(){
document.getElementById(“result”).innerHTML = “現在の倍率 : “+pageSize;
pageSize = pageSize – 0.05;
if (pageSize < 1) {
document.body.style[“-webkit-transform”]=”scale(0.5,0.5)”;
clearInterval(timerID);
}else{
document.body.style[“-webkit-transform”]=”scale(“+pageSize+”,”+pageSize+”)”;
}
}

Published by tomoka , on 6月 7th, 2012 at 4:18 pm. Filled under: javascriptNo Comments
この記事を読む

view port おさらい

width(幅)
可視領域の幅。
(デフォルト値は980px。200px〜10000pxまでの範囲を指定できる。)
height(高さ)
高さ。デフォルト値はwidthの値とデバイスのアスペクト比から算出される。
(233px〜10000pxまでの範囲を指定できる。)
initial-scale(ズームの詳細設定)
ページが可視領域内にフィットするように計算された値がデフォルト値となる。
minimum-scaleからmaximum-scaleによって定義された範囲の値が指定できる。
最初にページが表示されるviewportの値のみが指定可能。
user-scalableにnoを指定していなければズーム操作が可能になる。
ズームの範囲はminimum-scaleとmaximum-scaleの範囲内に制限される。
minimum-scale(最小縮小比率)
viewportの最小scale値。
デフォルト値は0.25。
0から10.0までの範囲を指定できる。
maximum-scale(最小拡大比率)
viewportの最大scale値。
デフォルト値は1.6。
0から10.0までの範囲を指定できる。
user-scalable(ズームの有無設定)
ユーザーがズーム操作できるかどうかをyesとnoで指定する。
デフォルト値はyes。
noを指定するとテキスト入力フィールド内でのスクロールも制限される。
Published by tomoka , on 6月 7th, 2012 at 2:51 pm. Filled under: smartphoneNo Comments
この記事を読む

アクセシビリティ

android:contentDescription 説明文の設定。
※imageViewのレイアウトで設定しなくてもRunできる。う〜ん、参考書には記述が無いのですが、イクリプスが警告マークをだすので、やっぱり設定した方が良いのかな?

Published by tomoka , on 4月 22nd, 2012 at 10:11 pm. Filled under: AndroidNo Comments
この記事を読む

javascript 親のノード

会社で、調べながら作ったので、そのままメモです。
メモは、バグというか、欠陥があるのでそのままは使えません。
親のノードは .closest()。
そして便利な、 parseInt()。

最終的には、これは使っていません。
もっと便利な方法をプログラマに教えてもらいました♪

// ——————————————————————————
// *** cart count js ***
// ——————————————————————————

$(“form select”).change(
function(){
var selectattr = $(this).attr(‘name’);
if( selectattr == ‘classcategory_id4’){
var str = “”;
$(this).find(“option:selected”).each(function () {
str += $(this).text() + “”;
});

var formattr = $(this).closest(‘form’).attr(‘name’);
formattr = $(this).closest(‘form’);

//現在の価格取り出し

var price = formattr.find(‘div.price’).find(‘span#price02_default_1’).html();
price = price.split(‘,’);
price = price.join(”);
price = parseInt(price);

//数量変更後の価格生成

var reprice = price*str;

//新しい価格の導入

//addFigure(reprice);←カンマ生成
formattr.find(‘div.price’).find(‘span#price02_default_1’).html(reprice);
}

}

)

カンマの生成スクリプトめも。
秀逸な記事は勉強になります。すばらしい・・・
引用:http://colo-ri.jp/develop/2008/09/post.html

function addFigure(n) {
var l, m=”;
var mark = (n < 0) ? ‘-‘ : ”;
var flt = ”;

n = Math.abs(n);
if (n % 1) {
flt  = n + ”;
flt = flt.substr(flt.indexOf(‘.’));
}

n = Math.floor(n) + ”;
while ( (l = n.length) > 3 ) {
m = “,” + n.substr( l – 3, 3 ) + m;
n = n.substr( 0, l – 3 );
}

return mark + n + m + flt;
}

 

var myNumber = -12345678.9;
var convNumber = addFigure(myNumber);

結果:-12,345,678.9

 

Published by tomoka , on 4月 3rd, 2012 at 1:45 pm. Filled under: javascript,jQueryNo Comments
この記事を読む

webストレージ機能

html5にて機能を使っていて、容量がいっぱいになると何もできなくなるみたい。。。。
もうちょっと調べてみないと詳しい事が分からないので、次にもうちょっと調べます。

参考にさせて頂いたURL
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/chushin/introhtml5_02/introhtml5_02_01.html

Published by tomoka , on 3月 27th, 2012 at 3:16 pm. Filled under: html5No Comments
この記事を読む

Android javascript

window.close();つかえません。
window.open();で開いた画面ならばOK.

しかも、iphoneのような、以下のような対策も使えません。

function(){
window.open(”,’_self’);
window.close();
return false;
}

さらに、気がついたのですが、target=”_blank”がリンクで使えないため、
別窓で開きたい場合は、window.open();しかないようです。

ちなみに、Android 2.3.6 ギャラクシーで確認

Published by tomoka , on 3月 15th, 2012 at 4:44 pm. Filled under: AndroidNo Comments
この記事を読む

AP の メモ

WebViewClient
http://developer.android.com/intl/ja/reference/android/webkit/WebViewClient.html#WebViewClient()

 

秀逸なブログは参考になります。
http://www.次世代創造機構.jp/android/androidLecture/WebBrowser/WebBrowser.html

 

Published by tomoka , on 3月 14th, 2012 at 2:51 pm. Filled under: AndroidNo Comments
この記事を読む

メモ書きhtml5

html,body,head 省略可能
キャラセット UTF-8の場合「”」は省略。日本語を使う時は必要。
見出しは

でくくる。
主要な内容をマークアップ
p,li,formなど、分かりきっているタグに閉じタグを省略できる。

Published by tomoka , on 2月 25th, 2012 at 10:55 pm. Filled under: html5No Comments
この記事を読む