tomo.mobi

Representation design of material


html5 Canvas

すぐに調べやすいように、メモさせて頂きました。
とても分かりやすいサイトです。

文献
http://www.html5.jp/canvas/ref.html

onload = function() {
  draw();
};
function draw() {
  var canvas = document.getElementById('c1');
  if ( ! canvas || ! canvas.getContext ) { return false; }
  var ctx = canvas.getContext('2d');
  /* 円 #1 */
  ctx.beginPath();
  ctx.fillStyle = 'rgb(192, 80, 77)'; // 赤
  ctx.arc(70, 45, 35, 0, Math.PI*2, false);
  ctx.fill();
  /* 円 #2 */
  ctx.beginPath();
  ctx.fillStyle = 'rgb(155, 187, 89)'; // 緑
  ctx.arc(45, 95, 35, 0, Math.PI*2, false);
  ctx.fill();
  /* 円 #3 */
  ctx.beginPath();
  ctx.fillStyle = 'rgb(128, 100, 162)'; // 紫
  ctx.arc(95, 95, 35, 0, Math.PI*2, false);
  ctx.fill();
}
Published by tomoka , on 2月 9th, 2012 at 12:04 am. Filled under: html5No Comments
この記事を読む

設定に関して

参考文献
http://www.koikikukan.com/archives/2011/12/15-015555.php

以下ブログの場合、テンプレート設定が必要

<?php
/******* facebook ファンページ内用 ******/
if($_GET[“fb”] == “facebook”) {
//facebook iframe用テンプレートを読み込み
get_template_part( ‘facebook_iframe’ );
exit();
}
?>

Published by tomoka , on 1月 11th, 2012 at 12:51 am. Filled under: facebookNo Comments
この記事を読む

facebookのphotos & albums JSON

前回の取得したJSONをjQueryを使ってデータの中身を取得してゆきます。

参考URL
http://semooh.jp/jquery/api/ajax/jQuery.getJSON/+url,+data,+callback+/
「jQuery.getJSON(URL、データ、コールバック)」

<script type=”text/javascript”>
<!–
// アルバムJSONのURL
var url = “http://graph.facebook.com/286174058086845/albums/”;
// 読み込み処理
$(function(){
$.getJSON(url,function(json){
var Album_ID = [];
$.each(json.data,function(i,FB_Json){

//↓アルバムJSONから細かいアルバムのIDを配列。
Album_ID.push(FB_Json.id);※JSONデータの中身そのまま指定できる。

//↓細かいアルバムから細かいアルバムに登録されている写真JSONを取得するパスを生成。
var Album_url = “http://graph.facebook.com/” + FB_Json.id + “/photos”;

photo_ID_JSON();※写真JSONを取得して処理をするfunction呼び出し

});

});
});
//–>
</script>

今回の事で、JSONの使いやすさに感動。。。。
次は続きの数の多い写真JSONの処理はまた今度。。。。

 

Published by tomoka , on 1月 3rd, 2012 at 1:08 am. Filled under: api,facebook,jsonNo Comments
この記事を読む

facebookのphotos & albums API fanページ限定

facebookのjsonの取得に関して少し調べたのでメモ。

情報元以下のページを確認。
https://developers.facebook.com/docs/reference/api/

アルバムのid取得

1)自分のIDでグラフAPIからアルバムのIDを取得
http://graph.facebook.com/294232363956914/albums

{
   "data": [
      {
         "id": "294232820623535",←アルバムのID
         "from": {
            "name": "Take Album",
            "category": "Community",
            "id": "294232363956914"
         },
         "name": "Profile Pictures",
         "link": "https://www.facebook.com/album.php?fbid=294232820623535&id=294232363956914&aid=68544",
         "cover_photo": "294241463956004",
         "count": 3,
         "type": "profile",
         "created_time": "2012-01-02T15:06:51+0000",
         "updated_time": "2012-01-02T15:16:52+0000",
         "can_upload": false
      }
   ],
   "paging": {
      "previous": "http://graph.facebook.com/294232363956914/albums?limit=25&since=1325516811&__paging_token=294232820623535&__previous=1",
      "next": "http://graph.facebook.com/294232363956914/albums?limit=25&until=1325516811&__paging_token=294232820623535"
   }
}

2)アルバムのIDからすべてのアルバムIDを取得
http://graph.facebook.com/294232820623535/albums
アルバムのIDがjsonで取得できる。とりあえず、必要なjsonの中身。

{
   "data": [
      {
         "id": "アルバム01のID",
         "from": {
            "name": "管理人の名前",
            "category": "fanページのカテゴリ",
            "id": "fanページのID"
         },
         "name": "アルバムの名前",
         "link": "アルバムのURL",
         "cover_photo": "28***648",
         "count": 登録写真数,
         "type": "normal",
         "created_time": "2011-12-13T01:21:30+0000",
         "updated_time": "2011-12-13T01:21:50+0000",
         "can_upload": false,
         "likes": {
            "data": [
               {
                  "id": "1***2",
                  "name": "****b50***"
               }
            ],
            "paging": {
               "next": "http://graph.facebook.com/28***99**/likes?limit=25&offset=25&__after_id=10****62****"
            }
         }
      }・・・・・

3)アルバムIDから写真のデータを取得
http://graph.facebook.com/アルバム01のID/photos
{
   "data": [
      {
         "id": "写真のID",
         "from": {
            "name": "管理人の名前",
            "category": "fanページのカテゴリ",
            "id": "fanページのID"
         },
         "name": "写真の名前",
         "picture": "サムネイルのパス",
         "source": "写真のパス",
         "height": 479,
         "width": 720,
         "images": [
            {
               "height": 479,
               "width": 720,
               "source": "写真大のパス"
            },
            {
               "height": 119,
               "width": 180,
               "source": "写真中のパス"
            },
            {
               "height": 86,
               "width": 130,
               "source": "写真小のパス"
            },
            {
               "height": 49,
               "width": 75,
               "source": "写真極小のパス"
            }
         ],
         "link": "写真のページのURL",
         "icon": "http://static.ak.fbcdn.net/rsrc.php/v1/yz/r/StEh3RhPvjk.gif",
         "created_time": "2011-12-13T01:21:35+0000",
         "position": 1,
         "updated_time": "2011-12-13T01:23:06+0000"
      },

 

 

 

Published by tomoka , on 1月 3rd, 2012 at 12:49 am. Filled under: api,facebookNo Comments
この記事を読む

Google Analytics

モバイル Google Analytics を入れたい
PHP 用の解析コードを Google の説明通りに入れてもうまく動作しません。2箇所問題があるためです。まず、携帯用 header.php はグローバルスコープではないため、$GA_ACCOUNT, $GA_PIXEL 変数に global 宣言が必要なこと。次に footer.php に入れるコードが PHP ショートタグ形式なこと ( になっている) です。
Ktai Style 2 以降のテーマでは、functions.php または独立したプラグインファイルに以下のようなコードを書いて ks_wp_footer() にフックすることがおすすめです。もちろん、$GA_ACCOUNT は自身のアカウント番号を入れてください。また、googleAnalyticsGetImageUrl 関数は Google から最新のものを入手するのが確実です。

'; // Change by IKEDA Yuriko
}
// Added by IKEDA Yuriko
add_action('ktai_wp_footer', 'show_googleAnalyticsGetImageUrl');
?>

Published by tomoka , on 4月 14th, 2011 at 12:40 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

Google Analytics

モバイル Google Analytics を入れたい
PHP 用の解析コードを Google の説明通りに入れてもうまく動作しません。2箇所問題があるためです。まず、携帯用 header.php はグローバルスコープではないため、$GA_ACCOUNT, $GA_PIXEL 変数に global 宣言が必要なこと。次に footer.php に入れるコードが PHP ショートタグ形式なこと ( になっている) です。
Ktai Style 2 以降のテーマでは、functions.php または独立したプラグインファイルに以下のようなコードを書いて ks_wp_footer() にフックすることがおすすめです。もちろん、$GA_ACCOUNT は自身のアカウント番号を入れてください。また、googleAnalyticsGetImageUrl 関数は Google から最新のものを入手するのが確実です。
Google Analytics for Mobile
Version: 1.0.0
*/
// Copyright 2009 Google Inc. All Rights Reserved.
global $GA_ACCOUNT, $GA_PIXEL; // Change by IKEDA Yuriko
$GA_ACCOUNT = "MO-XXXXXXXX-X";
$GA_PIXEL = "/ga.php";

function googleAnalyticsGetImageUrl() {
global $GA_ACCOUNT, $GA_PIXEL;
$url = "";
$url .= $GA_PIXEL . "?";
$url .= "utmac=" . $GA_ACCOUNT;
$url .= "&utmn=" . rand(0, 0x7fffffff);
$referer = $_SERVER["HTTP_REFERER"];
$query = $_SERVER["QUERY_STRING"];
$path = $_SERVER["REQUEST_URI"];
if (empty($referer)) {
$referer = "-";
}
$url .= "&utmr=" . urlencode($referer);
if (!empty($path)) {
$url .= "&utmp=" . urlencode($path);
}
$url .= "&guid=ON";
return str_replace("&", "&", $url);
}

function show_googleAnalyticsGetImageUrl() {
$googleAnalyticsImageUrl = googleAnalyticsGetImageUrl();
echo '<img src="' . $googleAnalyticsImageUrl . '" />'; // Change by IKEDA Yuriko
}
// Added by IKEDA Yuriko
add_action('ktai_wp_footer', 'show_googleAnalyticsGetImageUrl');
?>
Published by tomoka , on 4月 14th, 2011 at 12:40 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

phpエラー表示

php.iniセットする。。。。

//エラーを表示しない
ini_set ( “display_errors”, “0” );

//エラーを表示する
ini_set ( “display_errors”, “1” );

サンプルソース貼付け。
//全てのエラー表示
ini_set ( “display_errors”, “1” );
error_reporting(E_ALL);←全てのエラー表示
?>

————————

error_reporting
(PHP 4, PHP 5)
error_reporting — 出力する PHP エラーの種類を設定する

説明
重大な実行時エラー。
スクリプトの実行は中断されます。

2
実行時の警告(致命的エラーではない)

4
コンパイル時のパースエラー

8
実行時の警告
※デフォルト設定では出力されない。

16
PHPの開始時点での致命的エラー。
PHPのコアから発行される点がE_ERRORと異なる。
 
PHPの開始時点での警告。(致命的エラーではない)
PHPのコアから発行される点がE_WARNINGと異なる。

64
コンパイル時の致命的エラー。
Zendスクリプティングエンジンに発行される点がE_ERRORと異なる

128
コンパイル時の警告(致命的エラーではない)
Zendスクリプティングエンジンに発行される点がE_ERRORと異なる。

256
ユーザーが発行するエラー
PHPコード上でtrigger_error()を使用した場合に発行される点がE_ERRORと異なる。

512
ユーザーが発行する警告
PHPコード上でtrigger_error()を使用した場合に発行される点がE_WARNINGと異なる。

1024
ユーザーが発行する注意
PHPコード上でtrigger_error()を使用した場合に発行される点がE_NOTICEと異なる。
2047E_STRICT以外の全てのエラーメッセージ

2048
実行時の注意(非推奨関数を使用した場合に発行される)
※デフォルト設定では出力されない。

 

定数
E_ERROR 1 E_WARNING E_PARSE E_NOTICE E_CORE_ERROR E_CORE_WARNING 32 E_COMPILE_ERROR E_COMPILE_WARNING E_USER_ERROR E_USER_WARNING E_USER_WARNING E_ALL E_STRICT

例1) 全てのエラー情報を出力する

 

error_reportting( E_ALL | E_STRICT )

 

例2) E_NOTICE 以外の全てのエラーを表示する。これは php.ini で設定されているデフォルト値

 

error_reporting( E_ALL ^ E_NOTICE );

 

Published by tomoka , on 4月 13th, 2011 at 11:29 am. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

flv再生に関するめも

再生中のステータスの変更により、ムービークリップmy_FLVplybkに指示を出せるスクリプト。

import mx.video.*;//クラス読み込み
var listenerObject:Object = new Object();
listenerObject.stateChange = function(eventObject:Object):Void {
// ここにイベント処理コードを挿入する
trace(my_FLVPlybk.state);
};
my_FLVplybk.addEventListener(“stateChange”, listenerObject);
my_FLVPlybk.contentPath = “sample.flv”;//読み込みムービーの指定。

出力結果はちなみにこんな感じです。

loading←読み込み
stopped←再生ストップ
buffering←バッファ
playing←再生
playing←再生(スライド調節時のステータス)
paused←一時停止
buffering←バッファ
playing←再生
paused←一時停止
playing←再生
stopped←停止
rewinding←最初に戻る
stopped←最初の状態で停止

Published by tomoka , on 9月 28th, 2010 at 2:49 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

文字化け対策

//文字コード設定
mb_language(“Japanese”); mb_internal_encoding(“EUC”);
$str = 'あいうえおAbcdかきくEfghけこさしすせそ';
//最初から10文字を切り抜く
$str = mb_substr($str,”0″,”10″);

$str = “あいう”;
echo mb_substr($str,0,1,”utf-8″);

おまじない
HTML側の呼び出し。

PHP側。
$XHTMLbody =”文字列”;
header(“Content-type: text/javascript”);
echo “document.write('$XHTMLbody')”;

Published by tomoka , on 4月 20th, 2010 at 6:59 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

インラインモードとインタラクティブモード

インラインモードとインタラクティブモード

* Flash Liteの埋め込みには2種類あり、通常のWEBページに埋め込むインラインモードと、Flash主体のページとして読み込むインタラクティブモードがあります。
* ボタン操作はインタラクティブモードでしかできません。
* インタラクティブモードにするには、Flash読み込み用の object タグに declare 属性を付けま

Published by tomoka , on 12月 18th, 2009 at 6:38 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

携帯サイト構築

http://ml.php.gr.jp/pipermail/php-users/2004-November/024072.html

Published by tomoka , on 12月 18th, 2009 at 2:26 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む

カラム型

http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/storage-requirements.html
カラム型

Published by tomoka , on 12月 18th, 2009 at 2:06 pm. Filled under: 未分類No Comments
この記事を読む